丹波松茸を豊富なラインナップの中からお選びいただけます。

丹波松茸がおいしいといわれる理由

秋になると松茸が恋しくなる人が多いのですが、松茸の特徴としては、香り、鮮度、味、品質の4つのポイントになります。丹波松茸とは、京都府および兵庫県で採れるものをいいますが、国内の生産量の5位が京都産、7位が兵庫産となっています。その丹波松茸が特に優れるのが、香りの上品さと食べたときの歯ごたえとボリューム感です。松茸は採った時に香りが一番出てくるもので、時間が経過するほどに香りが薄れてきます。安い外国産の松茸も多く輸入されていますが、国産の松茸は、香りも味も一級品です。その中でも丹波松茸は、匂いを嗅いで良し、見た目の大きさで良し、食べて良し、と非常に人気となっています。

松茸の種類の紹介

松茸の種類としては、つぼみ、中ツボ、開きの3種類に分けられます。つぼみとは、松茸の笠の部分が開ききっていない状態で収穫したもので、開きとは、松茸の笠の部分が開ききってしまった状態で収穫したものです。中ツボというのは、つぼみと開きの中間の状態で、笠の裏にある幕の部分が切れていないものをいいます。それぞれの種類によって料理方法が異なっています。つぼみは、土瓶蒸しや焼き松茸などの料理に最適で、開きは、夜間の冷え込みが強くなる時期には香りが最高になるので、香りを楽しむことができる松茸ご飯に最適です。中ツボは、土瓶蒸しや焼き松茸や松茸ご飯とすべての料理に使うことができます。

丹波松茸を食べたお客様の声

松茸コースを味わいました、KH、男

10月に家族と両親の6名で京都に松茸料理を食べに行きました。松茸のフルコースで、焼き松茸から土瓶蒸しに天ぷら、最後に松茸ご飯と贅沢三昧でした。

松茸狩りをしました、HO、男

夫婦二人で松茸料理を食べに行きました。松茸狩りの体験付きに焼き松茸を中心とした松茸会席を頼みました。焼き松茸から松茸入り牛すき焼き、土瓶蒸し、茶わん蒸し、松茸ご飯、とお腹いっぱいになりました。

丹波地鶏と丹波松茸とは絶品です、KY、男

11月に友人と丹波松茸を食べに行きました。松茸の会席料理は、丹波が発祥といわれる土瓶蒸しがことのほかおいしかったのと、丹波地鶏と松茸の陶板焼きが絶品でした。

現在、準備中です。